株式会社名古屋産業大学グリーン・ソーシャルビジネス(名産大GSB)は、 学生が環境ビジネスを実践的に学び、 低炭素社会の実現に貢献する場として、2011年3月の設立以来、環境ビジネス関連企業の方々を大学に招いて、 環境ビジネス講座を定期的に開催するとともに、そこで得た知識等を活用し、学生が中心となった事業活動に取り組んできました。

本年度は、「LED照明導入の効果」をテーマに、3つの自治体、企業に提案活動を行うことを軸にして、名古屋産業大学のビジネストレーニングプログラム科目のひとつであるインターンシップGSBを通じた実践型学習を行います。

6月6日に実施されたLED照明導入の現地調査データを基に、インターンシップ学生が、コストシミュレーションの試算や導入効果などをまとめた提案書を作成しました。

提案書について、(株)ウェイストボックスの鈴木修一郎氏、小川昌子氏をお招きし、提案書の指導がおこなわれました。
学生のプレゼンテーションについて、より良い提案書となるよう活発な意見交換がおこなわれました。

企業指導