株式会社名古屋産業大学グリーン・ソーシャルビジネス(名産大GSB)は、 学生が環境ビジネスを実践的に学び、 低炭素社会の実現に貢献する場として、2011年3月の設立以来、環境ビジネス関連企業の方々を大学に招いて、 環境ビジネス講座を定期的に開催するとともに、そこで得た知識等を活用し、学生が中心となった事業活動に取り組んできました。

第5回目の環境ビジネス講座は、本学教授の林 敬三氏、本学環境ビジネス学部4年生の孫さんがそれぞれ講演と発表を行いました。

林氏は「台湾における環境ビジネスと環境CSR」という題目で、現在の台湾における環境ビジネスの可能性や、台湾企業の環境CSRへの取り組み内容について講演しました。

本学学部4年生の孫さんは「株式会社MARUWAへの提案」という題目で発表を行いました。孫さんは昨年(2012年)に株式会社MARUWA(愛知県尾張旭市)の土岐工場を見学しており、 その経験を活かし地元企業である株式会社MARUWAに対して、LED照明「KANBAN」をどのように一般の人にアピールすべきかなどを発表しました。

林氏講演の様子

林氏講演の様子

孫さん発表の様子

孫さん発表の様子